AGA治療の効果

この頃、特に年齢が高くない人の中に多くの薄毛の人が増えているように思います。

こういった症状については、遺伝とよく言われていますが、昨今では食の欧米化による体質の変化がより加速させているともいわれています。

体中に栄養素を運ぶ役割を担っている血液と血管は、髪の毛にも十分関係しています。
髪の毛の毛乳頭と呼ばれる栄養素を貯めておく部分は、頭皮の血管に流れる血液から栄養素を得ています。
そういったこともあり、血液や血管が健康であればあるほど、髪の毛の発育状況も良くなると言われています。
その根本である血管や血液は、摂取する食べ物によって体内で消化されて作られています。
その血液が脂肪分でドロドロだったり、血管が詰まりやすい状況になっていたとしたら…お分かりになるかと思いますが、もちろん体に悪影響を及ぼすだけでなく、その栄養素が届かなくなりやすい髪の毛の発育にも影響してきます。

こういった状況でも、今は症状を改善してくれる薬が登場しています。
それが、ミノキシジルやプロペシアという薬です。

この薬はAGA治療(男性型脱毛症)に用いられている、国からも認められている治療薬です。
CMでも見たことがあると思いますが、近年増えてきているAGA治療を目的とした病院やクリニックにてこの薬を使って治療を行うことで結果を残されている方も沢山いると聞いています。

ミノキシジルは、元は経口薬として高血圧治療の為に作られた血管拡張作用のある商品でした。しかしながら、AGAを治療する目的として使った場合、効果は絶大だったのですが、副作用に重篤な問題が発生してしまったため、経口薬としての治療は認可を取り消されてしまい、現在では湿布薬として頭皮に塗るという治療方法でしか販売が許されていません。

プロペシアは前立腺肥大を治療する目的として作られた中で発見された作用から、AGAの治療向けに開発された薬になります。
こちらは経口薬として販売されており、薄毛の原因とされる酵素を阻害する役目から、より髪の毛が発育しやすいサイクルに戻してくれる作用があります。

この2種類は違った方向から症状にアプローチしていることもあり、併用する治療法もあるようです。
そうすることにより、より効果的な治療が望め、時間が必要な部分でもより効率的に毛髪を増やすことも可能になるのではないでしょうか。

メニュー